活動実績

【コメント】(共同通信配信)「差し押さえに根強い懸念 給付10万円、保護できる?」

共同通信配信記事にて有識者コメントが掲載されました。新型コロナウイルス感染症対策として国民一人に10万円を給付する「特別定額給付金」に関するものです。特別定額給付金については、差し押さえ禁止・債権譲渡禁止・担保禁止とする法律が成立していますが、なお懸念の声があがっていることを受けての記事です。

 

「差し押さえに根強い懸念 給付10万円、保護できる?」(共同通信配信/2020年5月25日佐賀新聞朝刊・同日河北新報朝刊ほか)掲載

「差し押さえを禁止する法律は、東日本大震災などの際に被災者が義援金を受け取る権利を保護するために議員立法により成立した経緯がある。災害法制に詳しい岡本正弁護士は、新型コロナ対応でその経験が生きており「債権者への抑止力にもなっている」と指摘する。/ただ、実際には差し押さえられる可能性が残るため、岡本弁護士は禁止法の周知徹底が必要だと強調し、収入減に苦しむ企業向けの「地持続化給付金」などの給付金も安心して受け取れるよう「全て保護の対象とすべきだ」と訴えている。